オーストラリアのワーホリに必要な費用はいくら?100万が目安?

   

Pocket

 

 

スポンサーリンク

 

こんにちは、たかこです。

あと2日でクリスマスですね!
(オーストラリアは、日付が回り、あと1日になりました・・)

日本もそうですが、現地でも「クリスマスだー!!」
という感じで賑わっています^^

話は変わりますが、来年、もしくはその1年後くらいに、

「オーストラリアへワーホリで行こう!」と計画をしていますか?

そうなると、気になるのが費用だと思います。

今回は、ワーホリに必要なお金について、
書いてみようと思います。

最低必要な費用

そもそも、オーストラリアへワーホリで行くのに、

最低限必要な費用

を、まずは書いてみます。

  • パスポート代(持っていなければ)
  • ビザ申請代
  • 航空券代
  • 海外保険代

これらの資金は、絶対に必要です!

パスポート代

もし持っていなければ、自分が住んでいる都道府県で申請しましょう。
5年間有効は11,000円、10年間有効は16000円となっています。
外務省のHP

ビザ申請代

ワーホリビザを申請しないとワーホリへ行けません。
今現在$440ですが、2017年1月1日より$390(約35,100円)となります。
www.borger.gov.au

航空券代

今、オーストラリア行き格安航空券が、どんどん出ています。

例えば、今日2016年12月23日現在で、
2017年4月10日(月)、東京発~シドニー行きを、
スカイスキャナーで調べたらみたら、
ジェットスターで、たったの28,490円(!!!)で行けます!

激安です!

仮に、15キロの荷物(4,977円)を追加したとしても、
たったの38,444円で行けちゃうわけです。
(その他のオプションを付けても、5万円以下で行ける感じです)

難点としては、ゴールドコースト経由でシドニーに行くので、
長時間のフライト(12時間30分)になってしまいます。

もしカンタス航空を選んだ場合、
同じ条件で、56,450円です。

ですが、直行便の上(約9時間25分)、荷物は30キロまで、
機内手荷物が7キロまでオッケーです。

約18,006円の違いをどう見るか・・・
それはあなた次第です!

ちなみに、飛行機代の値段は、
時期や出発都市、到着地、航空会社で
大分違ってきます。

なので一概に言えませんが、上記の条件だと、
最低でも4万円は必要になってきます。

海外保険代

ピンからキリまでありますが、入るなら、
大手が良いかと思います。

幅広くカバーしているだけでなく、
対応が早いからです。

すでにご存じかもしれませんが、
オーストラリアの病院代等は、
とても高額です!何百万という請求がきます。

最悪の場合、保険が無い=治療が受けられない、
という事態も起こりうるので、
もし万が一の事を考えたら、
絶対に入っておくべきです。

例えばAIU保険の場合、
1年で約20万円です。

仮に上記の条件で、
ここまでざっと計算してみると・・

パスポートがなく、Jetstar利用の場合(5年有効を申請):284,544円(約29万)

パスポートがある場合:273,544円(約28万)

が、最低でも必要になってくるわけです!
(どちらの場合でも、殆ど変わりません)

・・・・で、予算を100万円として、

この費用を、

100万円

の、予算に入れるか入れないかでも、
全然違ってきます。

もし100万円の予算に入れるのならば、
残り70万円が、現地で使うお金

もし入れなければ、
丸々100万円が、現地で使うお金
(合計130万円が必要)

になるワケです。

これに、滞在費等が必要になります。

 

スポンサーリンク

 

物価の高いオーストラリア

すでにご存じだとは思いますが、

オーストラリアは、物価が高いです。

例えば、自動販売機のコーラが約$4です。

その点日本だと、高くても150円くらいですよね?

みずほ銀行の外国為替レートでチェックした場合、
1ドル=約85円~90円を行き来しています。

もし85円だとしたら、340円もします!

高いですねー・・^^;

特に、昔オーストラリアに来たことがある人なら、
今オーストラリアに来て尚更思うのではないでしょうか?
覚悟しておいた方が良いです。

実際の生活費は?

正直、どこの都市で、どんな生活をするかによって
ピンキリなので一概に言えませんが、
簡単に書いてみようと思います。

例:

家賃:週150ドル~(光熱費すべて込み)
交通費:週20~
食費:週50ドル~
スマホ代:週10ドル~
外食:10ドル~

合計:240ドル(約21,000円)~
月:240ドル×4週間=960ドル(約82,000円)~

です。

例えば、この家賃代は、
シェアハウスに住んだ場合です。

シェアハウスでも、光熱費がすべて別の所もあれば、
一部が含まれている所もあります。
またすべてが家賃に含まれている所もあります。

もしすでに、知り合いがいるというのであれば、
週80ドルとかで住ませてもらえるかも
しれません。

もしホームステイだったら、
週250ドル前後~

語学学校の寮(2人部屋)だったら、
週400ドル前後~

大体このくらいです。

交通費は、シティ内に住んで、仕事もシティ内であれば、
無料のトラムやバス、または徒歩で行けるので、
交通費が浮きます。

食費の場合、何を食べるかによって違ってきます。
肉・魚介類は高いです。
野菜や果物などは安めで、マーケットで買う方が、
スーパーで買うよりも安いです。

外食はどんな外食をするか、また回数によって変わりますし、
友達が出来たら、カフェなどへ行く機会が増えると思います。

もちろん、友達の家で料理を作って食べるというのであれば、
外食費は抑えられますが、その分食費が増えるかもしれません。
ですが、外食をするよりは安上がりです。

また、何かアクティビティや観光をしたいと思ったら、
その分の参加費や交通費など、出費が増えてしまいます。

なのでキリがありません。

さらには、上の例ですが・・・

語学学校へ行かない場合

です。

語学学校へ行くとなれば、
さらに出費が重なります。

語学学校の値段は、一概に言えませんが、
大体約週240ドル前後(約20,400円)~からです。

1か月の値段は、240ドル×4週=960ドル(約82000円)です。

なので、1か月の生活費は、

1か月の生活費:960ドル

1か月の語学学校:960ドル

=1920ドル(約164,000円)

となります。

まぁ大雑把に見積もって、月に約17万円でしょうか。

もし仕事を始めたら、家賃代など
稼ぐ事が出来るので、生活費は変わってきます。

資金100万円は必要?

正直、語学学校に行く、
すぐに仕事に就かない事を前提としていたら、

100万円

は、あった方が良いです!!

多ければ多い事に、越したことはありません。

パッとみた感じ、そんなに要らない・・と思うかもしれません。

ですが、現地に来たら、実際には、
「あれしたいな~」とか、「ここ行きたいな~」と
思うと思います。

さらには車が欲しくなるかもしれません。

そうなると、さらに!お金が必要になりますし、
予想外の出費という事態にも、備えておくべきです。

貯金が少ないと、すごーーーく惨めな生活が待っています!!

なので、貯金が多い事に越したことはないです!

最後に

上記でも述べたように、どの都市でどんな生活をするかによって、
どのくらいお金が必要になるのか変わってきます。

ですが、どんな事があっても対応できるように、

100万円

もしくは、その金額に近い貯金が
あったほうが絶対に良いです!

頑張って貯金して、悔いのないワーホリ生活を送りましょう^^

最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています♪あなたのポチッが励みになります♪

オーストラリア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - お金