オーストラリアでワーホリ税15%導入決定!開始日は2017年1月1日!

      2016/12/10


 

スポンサーリンク

 

こんにちは、たかこです。2015年から大議論をかもしだしていたオーストラリアのワーホリ税ですが、どうやら15%導入で決着しました。簡単にその事について触れようと思います。($1=90円計算)

オーストラリア・ワーホリ税

この案が導入された当初は32.5%でしたが、猛反発を受け、19%に変更。しかし、労働党などは10.5%に!!と減税を要求していましたが、拒否され、19%と10.5%の間を取って(と思われます)15%に決定しました。

以前、このニュースについて記事にしたのですが、元々、外国人には、すでに32.5%の税率が加算されています。

ですが、毎年7月~10月までのタックスリターン(源泉徴収)で、年1万8200豪ドル(日本円約163万円までなら、払った税金がすべて返ってきていました。

しかし、2017年1月1日より、

「豪1ドルでも稼いだら、15%の税金を取る!」

と決定。(太文字の部分がそうです)

Treasurer Scott Morrison announced this morning the government would reduce the proposed tax on working holiday makers to 15 cents in the dollar from 19 cents, in order to get the bill passed by the Senate.

引用元:news.com.au. Backpacker tax cut to 15 per cent in ‘triumph for common sense’

手取りは、豪1ドルー15%=豪85セントになります。

このほかにも、スーパーアニュエーションの大幅課税、出国税の値上げ、ワーホリビザ申請値下げ、ワーホリ年齢を35歳まで引き上げなど変更があります。

こちらの記事で、詳しく書いています!

「オーストラリアでワーホリ税19%が導入決定?バックパッカー税の開始日は2017年?」

最後に

やっと(・・・・ですね。汗)税率が15%に落ち着いたオーストラリアのワーホリ税ですが、ついにオーストラリアでがっつり稼ぐ!は正直難しくなると思います。

オーストラリアは物価が高い事で有名です。時給も高い事で有名ですが、この税金導入より、状況は変わってしまいそうです。

資金が無くなって惨めな思いをしない為にも、お金をしっかりためてワーホリへ来ましょう!

最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています♪あなたのポチッが励みになります♪

オーストラリア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ワーキングホリデー・ニュース