オーストラリアで人気のコスメ・スキンケアは?ドラッグストアやデパートでお土産調達!

      2016/12/18


 

 

スポンサーリンク

 

こんにちは、たかこです。「オーストラリアにはオーガニック、または自然派のコスメが多い・・」と聞いた事はありませんか?

オーストラリアは世界でも名をあげる程、オーガニック・ナチュラルスキンケア商品が充実しています。

またオーガニックではないけれど、「オーストラリア産」というだけで、基本的に「体に良い商品」というイメージも。

自然派コスメが多いのも、オーストラリアの特徴です。

オーガニックコスメとして、日本でも有名なジュリーク(Jurlique)、イソップ(Aesop)、パーフェクトポーション(Perfect Potion)があります。

また、オーストラリアの有名モデル、ミランダ・カーが2009年10月に自分で投資・会社を興して、オーガニックスキンケア「Kora Organics(コーラオーガニックス)」を立ち上げたのも有名です。

コスメや化粧品は、スーパーマーケットで買えない事はないですが、種類が限られてしまっています。

オーストラリア産コスメやスキンケア商品は、基本的に薬局などで購入できます。

また健康食品を扱っているお店や、オーストラリアの高級デパート、Myer(マイヤー)やDavid Jones(デイビット・ジョーンズ)の化粧品コーナーなどでも購入できます。

ジュリーク以外にもお土産として買って行って喜ばれる、おすすめコスメ・スキンケアを紹介しているので参考にしてみて下さい☆

 

人気のオーガニック・自然派コスメ・スキンケアは?

Jojoba oil(ホホバオイル)

2008年、NSW州で誕生。100%ナチュラルのホホバオイルを発売し、その後ブームに。The Jojoba Companyが、ホホバオイル販売で有名です。

デイクリーム、ナイトクリームも発売しており、公式サイトには日本語もあります。

jojobaoil出典:www.madeformums.com

Sukin(スキン)

2007年にメルボルンで誕生し、それ以来、子供から大人まで使えるボディケア、ヘアケア、スキンケアなど、品揃えを豊富にし、お手頃な値段で発売しています。

SUKIN出典:cdn.shopify.com

RosehipPLUS(ローズヒッププラス)

2011年にNSW州で誕生。

ローズヒップSpecialist(スペシャリスト)と書いてあるので、ローズヒップがメインのオーガニックスキンケア商品を売っています。

オイル以外にも、デイクリーム、ナイトクリームもあります。

ROSEHIPPLUS出典:static.chemistwarehouse.com.au

A’kin(エイキン)

NSW州で15年前に誕生。(正確な年は不明)。スキンケア・ヘアケアを主に販売。

サイズの割りに高めですが、有名な美容サイトで評価がとても高かった人気があるブランドです。

akin出典:priceline.com.au

NATIO:ナティオ

NATIo

出典:d3r2zleywq7959.cloudfront.net

1993年にメルボルンにて誕生。NATIOの意味はラテン語で「創造」「誕生」「誕生の場所」と言う意味を表しています。

日焼け止め、スキンケア、メイクアップ、ボディケアだけでなく、男性用も販売しており、とても人気があります。

Natural Instinct(ナチュラル インスティンクト)

VICTORIA州で10年以上前に誕生。

(年は不明ですが、公式サイトによると、スキンケア・ヘアケアのパイオニアと書かれているので、憶測ですが、2000年のシドニーオリンピックの時にはすでにあったのかもしれません。)

2015年には、ナチュラル・ビューティ・アワードも獲得。

ローズヒップオイルや日焼け止めなど多数の商品を販売していて人気です。スーパーにて購入可能です。

NI出典:www.naturalinstinct.com.au

Lemon Myrtle Fragrances(レモン・マートル・フレグランス)

Lemon Myrtleはオーストラリアネイティブの植物で、アボリジニが料理・薬として使用してきました。

高級レストランなどでも料理に使われています。

名前の通り、レモンのような香りを放ち、スキンケア・ヘアケア・石鹸など、とてもいい匂いがします。

lemonmyrtle出典:encrypted-tbn3.gstatic.com

 Thursday Plantation(サーズディ プランテーション)

NSW州にて、40年前程に誕生。

ティーツリーをベースとして、ボディケア・ヘアケア・フットケア・フェイスケアなど、様々な商品を開発・販売。

Tea Tree Oilを発売している会社ではNO1とも言えます。

Tea Tree Oilは、オイルでもローズヒップのように、肌の潤いを保つためには使えませんが、ニキビが出た時には、これをつけると治りが早い事で有名です。

ウールワース、コールスなどのスーパーマーケットで買えます。

teatreeoil出典:www.woolworths.com.au

 Thankyou(センキュー)

 

スポンサーリンク

 

2008年メルボルン発祥で、元々チャリティーに力を入れている会社。

初めはボトルに入った水だけを売り出していたのですが、食品、ボディケアや赤ちゃん用品にも力を入れだしました。

ウールワース、コールスで購入できます。

THANKYOU出典:shop.coles.com.au

Dr pickles(ドクターピクルス)

漬物の名前ではありません(笑)

オーストラリアのフルーツ、PAWPAW(パオパオ、別名パパイヤ)から作られた、もともとはタトゥーの痛みを和らげる為に作られた軟膏。

パッケージ、またここの公式サイトを見ても「え・・怪しい!こんなの効くの?」と思うかもしれませ(笑)

しかし、香料やパラペンなどの添加物を一切使用していません。

現地で有名な某パオパオクリームよりも評判が良いです。ウールワースで購入できます。

PAWPAW出典:www.woolworths.com.au

Australian Botanical Soap(オーストラリアン・ボタニカル・ソープ)

2007年、ビクトリア州で生まれた石鹸。

Australian Botanical Soapという会社で、石鹸系は常に人気。ココアやユーカリプタス、ラベンダーなど色々な匂いの石鹸があります。

ウールワースでは、Lemongrass(レモングラス)とFrangipani(フランジパニ:別名、プルメリア)しか買えません。

ですが、ドラッグストアやマーケットなどへ行くと、他の石鹸も買えます。

SOAP出典:www.woolworths.com.au

関連記事:

「オーストラリアで現地おすすめのオーガニック日焼け止めブランドは?顔や子供に使用できる?」

 

オーストラリアで有名なドラッグストア

日本だとマツモトキヨシなどの全国展開しているドラッグストアがありますが、オーストラリアでも同じように全豪展開しているドラッグストアがあります。

 

  • Chemist Warehouse:ケミストウェアハウスという、ディスカウントのドラッグストア
  • Pricelineプライスラインというピンクの看板・建物

 

2社ともとても有名で、主要都市にあります。

どちらも派手なデザインなので、すぐに見つける事が出来ると思います。

chemistwarehouse出典:ourtoowong.com

priceline出典:stivesvillage.com.au

その他にも、

my CHEMIST(マイケミスト)
Amcal(アメカル)
Terry White(テリーホワイト)

なども全国展開していますが、やはり上記の2社が強いです。

a-mychemist出典:www.yelp.com.au

amacal出典:http://sigmaco.com.au/

terry-white-chemist出典:http://www.cairnscentral.com.au/

また個人経営の独立したドラッグストアなども各都市にたくさんあり、種類は少ないかもしれませんが、スキンケア商品を置いています。

aa-pharmacy出典:http://www.truelocal.com.au/

最後に

オーストラリアでドラッグストアは、Chemist:ケミスト、もしくは、Pharmacy:ファーマシーと言います。

ケミストは、病院の処方箋を受け付けるカウンターのある調剤薬局を指します。

コスメ大国と言われるオーストラリア。UVや乾燥が日本よりも半端ではないので、それらに対応したコスメや化粧品がたくさん並んでいます。

日本では化粧水がメインですが、オーストラリアでは化粧水だけでなく、オイルも多いです。

実際に、家族や友達にオイル系、特にホホバオイルやローズヒップオイルを買っていったら、長持ちする上に伸びも良く、とても喜ばれました。

私自身、乾燥肌なので使用しています。乾燥肌の人には特に効き目があると思うので、お土産としてあげると良いかもしれませんね。

最後まで読んで下さり、どうもありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています♪あなたのポチッが励みになります♪

オーストラリア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - お土産