オーストラリアへ観光・ワーホリで来たい人、オーストラリアの事を知りたい人のために、観光スポットやイベント、ニュースなど色々書いているブログです♪Let's enjoy Australia!

【2020年10月】メルボルン・コロナのロックダウンの最新状況

2020/10/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
管理人 たかこ
オーストラリアに在住しています。オーストラリアの海、太陽、ビーチ、羊、牛、コアラ、カンガルー、食べる事など、なんでも好きです!^^ ベジマイトは嫌いですが・・・・w この度、プロフィールを大幅に更新しました。私の元ワーホリについて触れてみました。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

スポンサーリンク

すでにご存じかもしれませんが、メルボルンはやっとロックダウンが緩和されました。世界でも厳しいロックダウンが続きました。ビクトリア州地方区域においては、もっと緩和されています。現在どんな状況か簡単にお知らせしようと思います。

ビクトリア州ロックダウンの状況

メルボルン(モーニントン半島も含む)

マスク着用義務命令が出ており、マスクを絶対にしていないといけません。ただし、肺などの病気でマスクが出来ない場合、マスク無しでもOKです。

ですが、お医者さんからの診断書などを携帯し、働いている場合は特別なバッチをつけないといけません(実際につけている店員さんを見たことがありました)

  • いつでも外出可能
  • ビクトリア州地方区域へ観光などは不可
  • 自宅より半径25キロ以内で買い物可能(ただし、25キロ以内にスーパーがない場合は、一番近いスーパーまで行くことが可能)
  • 運動:自宅より半径25キロ以内で運動可能。
  • 運動:パーソナルトレーナーと顧客10人までなら可能
  • 魚釣り・ブッシュウォーキング(山歩きなど):自宅より半径25キロ以内であれば可能
  • 公園、屋外運動施設が利用可能
  • プール:予約制
  • 図書館、家電店、レストラン・カフェ、美容院など:オープン(ソーシャルディスタンスを確保すること)
  • レストランやカフェ:店内20人、屋外50人までなら可能(ソーシャルディスタンスを確保すること)
  • チャイルドケア(保育所みたいな所):オープン
  • 動物園:25キロ半径以内に住んでいれば、行くことが可能。予約必須。

これらの規則を破ると罰金がものすごいです!!強化されました。

  • マスク着用しなかった場合:$200(約1万7000円)
  • これらの規則を破ったり、陰性なのにも関わらず隔離しなかった場合:$4957 (約40万円)

引用:https://www.vic.gov.au/coronavirus-covid-19-restrictions-victoria
引用:https://www.premier.vic.gov.au/statement-from-the-premier-27-09-2020

ビジネスに関しては、これらの規則を破ると、最大$9,913(約90万円)の罰金が課せられます。さすが何にでも罰金を課すオーストラリアです。

ちなみに、Stage4のロックダウンは8月から始まったのですが、9月2日の段階でトータル約3億円近くの罰金を課したとニュースに載っていました!びっくりです (´⊙ω⊙`)!

引用:https://www.abc.net.au/news/2020-09-03/melbourne-coronavirus-lockdown-curfew-fines-top-2.9-million/12618528

他州へ行ける?

ノーザンテリトリー州とタスマニア州へ行けますが、実費で2週間の自粛隔離が義務付けられています。

そのほかの州へ行く場合は、許可書の申請が必要。受理されたら行けますが、同じく実費で2週間の自粛隔離が義務付けられています。(費用は約25万前後)

日本から入国できる?

直接は入国できません。シドニーなどを経由して入国する形になります。

 

まとめ

メルボルンと地方地区のロックダウンの状況について簡単に説明をしました。世界でも厳しいメルボルンのロックダウンでしたが、やっと少し緩和されました。1日でも自由に行き来が出来る状況になって欲しいと願っています。

最後まで読んで頂き、どうもありがとうございました!

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
管理人 たかこ
オーストラリアに在住しています。オーストラリアの海、太陽、ビーチ、羊、牛、コアラ、カンガルー、食べる事など、なんでも好きです!^^ ベジマイトは嫌いですが・・・・w この度、プロフィールを大幅に更新しました。私の元ワーホリについて触れてみました。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です