オーストラリアへ観光・ワーホリで来たい人、オーストラリアの事を知りたい人のために、観光スポットやイベント、ニュースなど色々書いているブログです♪Let's enjoy Australia!

オーストラリアの首都はどこ?首都を決めた理由は?

2018/04/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
管理人 たかこ
オーストラリアに在住しています。オーストラリアの海、太陽、ビーチ、羊、牛、コアラ、カンガルー、食べる事など、なんでも好きです!^^ ベジマイトは嫌いですが・・・・w この度、プロフィールを大幅に更新しました。私の元ワーホリについて触れてみました。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

スポンサーリンク

こんにちは、たかこです。

「オーストラリアの首都は?」と聞かれて、つい「シドニー」「メルボルン」と、答えてしまっていませんか?

私自身もその一人でした^^;

もしくは、そもそもオーストラリアの首都自体、どこか思いつかない人もいるかもしれません。

今回は、オーストラリアの首都について書いてみようと思います。

オーストラリア・首都

オーストラリアの首都は?

オーストラリアの首都は「キャンベラ」です。

1908年に首都として選ばれました。

首都について

正直「キャンベラって・・・・どこ?」と思いませんでしたか?(笑)

パッと言われても、どこにあるのかピンとこないかもしれません。

キャンベラの位置はここです。シドニーとメルボルンの中間あたりです。

canberra2出典:http://www2m.biglobe.ne.jp/(★の所です)

キャンベラは、政治の都市です。人口は、2013年現在約35万人です。

日本人の数は、2011年現在900人程で、殆どが女性で、こちらで結婚している人達が主のようです。

小さな都市の割りに、日本人が多くびっくりです^^;

有名な建物は、

  • 国会議事堂
  • オーストラリア戦争記念館
  • ANZACパレード
  • オーストラリア戦争記念館
  • ブラック・マウンテン・タワー
  • オーストラリア国立図書館
  • オーストラリア国立大学

です。

110-1038_IMG出典:http://www.foodwinetravel.com.au/

また、ワインやフードも、実は有名です。

各国のウィスキーを集めたバーや、トリュフ・フェスティバルなどが開催されるほど、ワインや食が優れています。

オーストラリアの首都を決めた理由

1908年前までは、シドニーやメルボルンが首都でした。

ですが、大都市のシドニーか、メルボルンのどちらを首都にするかで大議論になり、妥協案の結果、

シドニーとメルボルンの中間に、オーストラリア首都特別地域をもうけ、

新しくキャンベラを建設し、首都に決めたようです。

結構単純な理由です・・^^;

首都の誤解が生まれる理由

あくまで憶測なのですが、仮設としては以下の事が考えられます。

  • オーストラリアと言えばシドニーのオペラハウスやハーバーブリッジが有名。なのでシドニーが首都と勘違い。
  • オーストラリア最大の経済都市は、シドニー。経済が発展している都市なのでシドニーが首都と勘違い。
  • オーストラリア最大の人口の都市は、シドニー。人口最大の都市=首都と勘違い。
  • シドニーオリンピックがあったので、首都はシドニーと勘違い。
  • メルボルンは、シドニーの次にある大都市で、メルボルンが首都と勘違い。
  • 昔放送された、高校生クイズの開催都市がメルボルン。大都市のメルボルンでの開催だったので、その関係でメルボルンが首都と勘違い。

結構納得できる様な気がします。

余談:私自身も最初、オーストラリアの首都はシドニーだと思っていました。
オペラハウスがあって、オリンピックが開催された都市だったからです。
オーストラリアへ行く決めてから、キャンベラだと知りました(笑)

最後に

オーストラリアの首都は、キャンベラで、シドニーとメルボルンの中間にあります。

昔から比べたら、オーストラリアの首都を間違える人は、少なくなったかもしれません。

ですが、未だに誤解があるのは確かです。

もし間違えて覚えていたら、これを機会として覚え直しましょう^^

最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
管理人 たかこ
オーストラリアに在住しています。オーストラリアの海、太陽、ビーチ、羊、牛、コアラ、カンガルー、食べる事など、なんでも好きです!^^ ベジマイトは嫌いですが・・・・w この度、プロフィールを大幅に更新しました。私の元ワーホリについて触れてみました。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です