Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

オーストラリアへ観光・ワーホリで来たい人、オーストラリアの事を知りたい人のために、観光スポットやイベント、ニュースなど色々書いているブログです♪Let's enjoy Australia!

【必読】オーストラリア・大手スーパーマーケットの返金ポリシーを知っておこう!

2018/10/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
管理人 たかこ
オーストラリアに在住しています。オーストラリアの海、太陽、ビーチ、羊、牛、コアラ、カンガルー、食べる事など、なんでも好きです!^^ ベジマイトは嫌いですが・・・・w この度、プロフィールを大幅に更新しました。私の元ワーホリについて触れてみました。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

スポンサーリンク

こんにちは、たかこです。

オーストラリアへ来たら、スーパーマーケットを利用すると思います。

オーストラリアのスーパーでは、商品を買おうとレジへ行ったら、棚の値札とレジ会計時の値段が、かなり違うことがよくあります!

そんな時知っておきたいのが、オーストラリア・大手スーパーマーケットでの返金ポリシー。

知っておくと便利ですよ!

オーストラリア・大手スーパーマーケットでよくある値段相違

オーストラリアの大手スーパーマーケットでは、

「棚の値段と、会計時の品物の値段が違う!」

ということがよくあります。

例えば・・

リンゴ1個$1(約80円)とします。

棚には、$1と書いてあったのに、レジへ行ったら$1.50(約120円)だったなんてことがザラです。

逆だったら、別に何も言わなくていいのですが・・・w

大手スーパーマーケットでの返金ポリシー制度

オーストラリアの大手スーパーマーケットでは、

  • Scanning Code of Practiseスキャニングコードオブプラクティス(別名:Code of Practise)

という制度が、適用されています。

if an item scans at a higher price than that displayed on the shelf, the customer will receive it free of charge.

出典:Why you should always check your supermarket docket

つまり・・

商品をスキャンして、棚よりも高く表示されていれば、お客さんはその商品を無料で貰えます

ということです!!!

実際に、あるwoolworthsの店舗の入口にも張り紙がありました!

Scanning Code Of Pracice

If an item scans at a price higher than the shelf price you are entitled to recieve that item free of charge*

Where multiple identical items are purchased, you are entitled to recieve the first item free of charge and the remaining items at the lower price*

If  a Code of Pracice matter cannot be resolved at the store level, ask for a complaint form or contact the Australian National Retailers Association : 02 8249 4520

*conditions apply

1つ商品をスキャンして、棚よりも高く表示されていれば、あなたは(つまりお客さん)その商品を無料で貰えます。

もし複数買った場合、1つの商品は無料で貰え、残りの商品は低価格で買う事(貰う事)が出来ます。

もしお店で解決しない場合、苦情のフォームをもらうか、オーストラリア小売業界に電話をして下さい。

 

日本人は・・・・

値段が違っていても、「海外だから・・・」そのまま黙ってしまう傾向にありますが、声を上げてしっかりと言いましょう!!!

 

実例

実際に先日、Woolworthsで買い物をしました。

買ったのは、オーガニックの葉っぱ。

$1.25とシールが貼ってありました。

しかし、レジでスキャンすると、$2.50!

(2つ買ったうちの、1つが$2.50チャージされました)

カスタマーサービスカウンターへ行って、

I bought this item but got charged wrong priceアイ・ボート・ディス・アイテム・バット・ガット・チャージド・ロング・プライス

(この商品を買ったのですが、違う値段をチャージされました)

と言いました。

スタッフが、

Sorry about thatソーリー・アバウト・ザット

(すみません)

と言いました。

で、$2.50返金してくれました。

プラス、商品もそのままくれました。

(レシートにはReturn Itemリターンアイテムと書いてありますが、気にしなくていいです!)

つまり・・・

カウンターへ行って、「多くチャージされました」と言えば・・・

 

$2.50返金してくれて、さらに商品もそのまま貰えます!!!

 

黙っていたら損ですよ!!!

補足

オーストラリアには様々なスーパーマーケットがあります。ですが私が知っている限り、この制度を実施しているのは、Woolworths、Colesだけです。他店は、ただ差額を返金しているだけです。

例の場合だと、$1.25の差額だけです。(+商品)

返金方法

その人(スタッフ)によってバラバラで、特にカードで支払った場合。

  • その支払ったカードに返金する人
  • 何も言わずに現金で返金する人
  • カード?現金?(どっちが良い?)と聞いてくる人
  • Woolworths,BIGW系列で使えるRetruns Cardというプリペイド式カードに返金する人

とバラバラです。私はカードで支払ったのですが、返金は現金でした!

ちなみに、Returns card はこんな感じです。(他店でもらいました。お店で支払うときは、カードを機械に通して、PIN4桁を押す)

最後に

オーストラリア・大手スーパーの返金ポリシーについてご紹介しました。

もしレジで、棚の値段よりも、高く請求されてしまったら、しっかりと声を上げて言いましょう。

日本人は、

  • 「恥ずかしい・・」
  • 「英語ができないから・・」
  • 「海外だから仕方ないか・・」

と諦める傾向にあるのですが、勿体ないですよ^^

最後で読んで頂きどうもありがとうございました!

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
管理人 たかこ
オーストラリアに在住しています。オーストラリアの海、太陽、ビーチ、羊、牛、コアラ、カンガルー、食べる事など、なんでも好きです!^^ ベジマイトは嫌いですが・・・・w この度、プロフィールを大幅に更新しました。私の元ワーホリについて触れてみました。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です