オーストラリア人へのおすすめクリスマスプレセントは?

      2017/11/29

Pocket

 

 

スポンサーリンク

 

こんにちは、たかこです。

昔お世話になったホームステイ先や、お世話をしてくれたオーストラリア人にクリスマスプレゼントを送りたいけど、何をあげたらよいのか分からない・・と困る事があると思います。

オーストラリア人への、おすすめクリスマスプレセントについて書いてみました。♪

 

クリスマスプレゼント

日本から送る場合

食べ物編

ご存知の方も多いと思いますが、オーストラリアは、食品の持ち込みに対して、とても厳しいです。

送る場合でも同じです。とは言え、すべての食べ物がダメという訳ではありません。

食品持ち込みや、申告についてはこちらの記事で書いています。

「オーストラリアに持ち込み禁止の食べ物は?すべて申告すべき?」

持ち込み禁止=送っても没収になる、という事を覚えておきましょう。

食べ物を送る場合、チョコなどが一番無難だと思います。

チョコレートを一つとっても、ダークチョコレートを食べている人であれば、ダークチョコレート(明治の85%などの、苦みがあるチョコ)や、甘味があるけど繊細な味が好きな人には、抹茶味(世界で大ブームの抹茶)のチョコレートなどがお薦めです。

また、ここ近年、日本独特の飲み物、抹茶がブームです。

抹茶や緑茶などがこちらでは好まれているので、プレゼントしても良いかもしれません。

ちなみに食べ物を送る際に、きちんと包装しても、検査のためにぐちゃぐちゃに紙を開けられ、その後適当に包装されます!!^^;

なので、包装しないほうがいいかもしれません。

食べ物以外編

クリスマスカード:日本風のクリスマスカードや、カードを開くとツリーなどがポップアップするカードなどが、とても好まれます。
present1出典:http://item.rakuten.co.jp/

クリスマスカレンダー:とても使い勝手が良く、気を遣わずに受けってとって貰えます。海が好きな家族であれば、沖縄の海のカレンダー、花が好きな家族であれば、花のカレンダーなど、家族やその人の好みに合わせて送ると喜ばれます。

好みがわからない場合は、風景などでも十分に喜ばれます。アマゾンや楽天などで買えるので便利です!

present2出典:https://www.amazon.co.jp/

化粧品グッツ:女性の場合ですが、資生堂やコーセーなどの化粧水、マスカラ、口紅などが、とても喜ばれます。(もちろん美にお金をかけている人対象ですが‥(笑))

また、おねえの場合の男性にでも、化粧品関係は結構喜ばれます。
(余談:実際に、オネェ系の男性に、オールインワン系のジェルクリームをあげたら、「日本の化粧品は凄いわね!肌が艶々になったわー」と喜ばれました^^)

アニメの文具など:小さな子供がいる場合、アニメの文具などが喜ばれます。

調理器具:かわいいキャラクターのクッキー型や、今流行りの皮むき手袋など、ちょっとした便利グッツなんかも喜ばれます。

 

スポンサーリンク

 

現地調達の場合

食べ物編

ティムタムが好きな人にはティムタムセット、紅茶が好きな人には紅茶セットなど、自分で詰めたプレゼントが作れ、喜ばれます。

またMyer(マイヤー)などの高級デパートからKmart(ケーマート)、Target(ターゲット)などの庶民大型デパートへ行けば、バスケットに入ったクリスマスギフトセットが売られています。

ちなみにこれらは、Christmas Hamper(クリスマス・ハンパー)と呼ばれ、Hamperとは、(食品・酒・衣類などを入れる)大型バスケットの事を指します。

present3出典:https://www.catalogueau.com/

シリアルが好きな人には、グラスビンにオート麦やドライフルーツを入れた手作りシリアルなどが喜ばれます。

お菓子つくりが好きな人は、クッキーを作る材料を、ジャー(瓶)なんかに入れて、プレゼントしても喜ばれます。

present4出典:pinterest.com

アルコールが好きな人には、ワインやビールなんかが喜ばれます。

食べ物以外編

クリスマスカード:かわいいクリスマスカードからジョーク入りのクリスマスカードなど、種類はたくさんです。

クリスマスカレンダー:オーストラリアのショッピングセンターなどで、アニメ・タレント・風景など、日本と同じように、たくさんカレンダーの種類があります。

ギフト(プリペイド)カード:Google Playなどのギフト(プリペイド)カードです。

特定されている小売店のギフトカードから、Visaプリペイドカードなど、Visaが使えるお店であればどこでも使えるカードなど種類は様々あります。

スーパーや郵便局など、様々な場所で普通に売られているので、チェックアウトカウンターで入れたい金額分を入れれば大丈夫です。

present5出典:https://aussieonlinesurveys.com/

クリスマスプレゼントをあげるポイント

基本的に、オーストラリアには日本のようにプレゼント文化がありません。

なので、相手側に「何かいいものをあげないと・・・」と気を遣わせることにならないよう、数をたくさんあげたり、高価・高級な物などは、避けるのが無難です。

またクリスマスパーティに呼ばれて、どんなクリスマスプレゼントをもっていけばよいのか分からない場合、パーティ主催者やパーティに行く人達に聞きましょう。

「聞くのは失礼では?」と思うかもしれませんが、そんな事は全くなく、逆に場違いのプレゼントを持っていく方が、失礼にあたります。

クリスマス当日のパーティなのか、12月中旬のパーティなのか、また家族親族パーティなのか、友人同士のパーティなのか、そのパーティの内容や規模などによってプレゼントが違ってきます。

「聞かぬは一生の恥」です。

最後に

オーストラリア人におすすめのクリスマスプレゼントは好みによって様々ですが、日本から送る場合は、日本チックなカードやカレンダーや、食べ物だと検疫にひっかかって没収されない、チョコや飴、お茶などが無難です。

現地調達の場合だと、カレンダーやアルコール、ギフトバスケット、またはギフトカードなどが喜ばれます。

気持ちがこもったプレゼントをあげるのが一番良いですね^^

最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 

 - クリスマス・年末年始