オーストラリアへ観光・ワーホリで来たい人、オーストラリアの事を知りたい人のために、観光スポットやイベント、ニュースなど色々書いているブログです♪Let's enjoy Australia!

オーストラリアで日本のスマホや携帯は充電できる?デジカメなどに変圧器は必要?

2018/04/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
管理人 たかこ
オーストラリアに在住しています。オーストラリアの海、太陽、ビーチ、羊、牛、コアラ、カンガルー、食べる事など、なんでも好きです!^^ ベジマイトは嫌いですが・・・・w この度、プロフィールを大幅に更新しました。私の元ワーホリについて触れてみました。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

スポンサーリンク

こんにちは、たかこです。

オーストラリアへワーホリや旅行で行く際に、「iphoneやandroidのスマホ、デジカメの充電どうしよう?」と思った事はありませんか?

ご存じの方も多いと思いますが、国より電圧・コンセントの形が違います

オーストラリアの電圧やコンセント事情、またiphone/android/デジカメを充電する際に変圧器・変換プラグは必要なのかなどについて説明します。

電圧

オーストラリアの電圧は240Vで、日本の電圧は100Vです。

変圧器は必要?

オーストラリアと日本の電圧は違うため、オーストラリアで日本の電化製品を使う場合は、変圧器が必要です。(過去に240Vに対応になっていないガラケーを、変圧器無しで充電したら、煙が出て壊れました・・!^^;)

ですが、100V~240V対応になっている電化製品であれば変圧器は要りません

見分け方は?

ACアダプター・充電器に、英語か日本語で

INPUT/出力:100-240V ~50/60 HZ

と書かれていれば変圧器はいりません

 

INPUT/出力:100V

と100Vまでしか書かれていない場合、変圧器が必要になります。

 

最近の電化製品は、海外対応になっている商品が殆どなので、オーストラリアでスマホやデジカメを使う時は変圧器が必要のない場合が多いです。

 

ちなみに、ドライヤーを持って行きたいという人がいるかもしれません。

AC100V 50-60H 1000W

と書かれている場合、ACの後が100Vとなっているので、変圧器が必要になります。

補足:オーストラリアの電圧が250Vと書いているガイドブックなどがたまにありますが、長年住んでいて、250V の電圧を使用した事はありません。

「アウトバックのウルル周辺あたりなのかな?」と思いこんでいたのですが、大丈夫だった上、実際にオーストラリアで購入したスマホやパソコンの充電器やACアダプターとかですら、240Vまでしか書いていません。

なので特に心配はいらないです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

オーストラリアのコンセント

 

dsc_0034

コンセントを英語で?

そもそも、コンセントが英語と思ってしまっている人もしれません。

しかしコンセントは、れっきとした和製英語です。

コンセントを辞書で引くと、Outlet(アウトレット)と出ますが、これはアメリカでの言い方。

オーストラリアでは、Power Point(パワーポイント)と言います。

覚えておくと便利かもしれません。

コンセントの形

オーストラリアのコンセントは日本のコンセントと違っていて、Oタイプというハ型です。

(怠けたような人の顔みたい!と思うのは私だけでしょうか?。笑)

なので、オーストラリアでスマホ/デジカメを使う際には、O型変換プラグ(画像)を日本で買って持っていきましょう。

ちなみに、今後世界各国へ旅行するのであれば、ユニバーサルタイプの変換プラグが便利かもしれません。

有名なホテルなどではすでに、デスクの所などにスマホ/デジカメ用変換プラグが設置されていたりします。

ですが、マイナーなホテルなどは無い所もあるので持っていった方が無難です。

また貸し出ししているホテルなどもありますが、全部が貸し出し中ということもあるので、やはり持参した方が無難です。

使用方法ですが、となりにスイッチがついていて、赤い点が見えたら、電源が入っているという事になります。

簡単に電源オン・オフできるので、エコ的なコンセントです。

変換プラグ購入場所

日本

楽天などのオンラインショップや、地元の家電量販店で購入できます。

オーストラリア

空港、お土産屋、家電量販店などで買うことは可能ですが、日本と比べたら高いように感じます。

なので日本から買って行くのが便利でしょう。

最後に

昔から比べたら、海外対応になっているスマホ・デジカメが殆どなので、変圧器は必要なく、変換プラグだけが必要と言えます。

ですが念のため確認した方が無難です。

うっかり変換プラグを忘れたとしても、空港などで買おうと思えば買えるので、慌てる必要はないです。

オーストラリアでのワーホリや旅を楽しんで下さい。

最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
管理人 たかこ
オーストラリアに在住しています。オーストラリアの海、太陽、ビーチ、羊、牛、コアラ、カンガルー、食べる事など、なんでも好きです!^^ ベジマイトは嫌いですが・・・・w この度、プロフィールを大幅に更新しました。私の元ワーホリについて触れてみました。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です