オーストラリアへ観光・ワーホリで来たい人、オーストラリアの事を知りたい人のために、観光スポットやイベント、ニュースなど色々書いているブログです♪Let's enjoy Australia!

オーストラリアで現地おすすめのオーガニック日焼け止めブランドは?顔や子供に使用できる?

2018/04/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
管理人 たかこ
オーストラリアに在住しています。オーストラリアの海、太陽、ビーチ、羊、牛、コアラ、カンガルー、食べる事など、なんでも好きです!^^ ベジマイトは嫌いですが・・・・w この度、プロフィールを大幅に更新しました。私の元ワーホリについて触れてみました。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

スポンサーリンク

こんにちは、たかこです。

オーストラリアと言えば、海・ビーチですが、とても紫外線が強い事で有名で、長年に渡り日焼け対策に力を入れています。

オーストラリアの紫外線対策や、おすすめのオーガニック日焼け止めなどを紹介したいと思います。

 

オーストラリアの紫外線対策

オーストラリアの紫外線は、日本よりとても強いと言われています。

その理由は、オゾン層が薄いためです。

なので、紫外線量は、日本の5倍とも言われています!

この紫外線量の多さから、オーストラリアでは皮膚がんにかかる人の割合が人口の80%と、調査でもでているくらいです。

実際に、あの有名オーストラリア俳優、ヒュージャックマンが数回にわたり、皮膚ガンになったことを告白し、世間を驚かせました。

そのくらいオーストラリアの皮膚ガン率は深刻で、世界一とも言われています。

なので政府や学校では、赤ちゃん~高齢者まで、徹底的に紫外線防止するよう呼びかけています。

実際にオーストラリア政府が掲げたスローガンもあり、聞いた事があるかもしれません。

日焼け・紫外線対策のSスローガン

長そでのシャツを着よう! (Slip on a long sleeved shirt!)
日焼け止めを塗ろう! (Slop on some sunblock!)
帽子をかぶろう! (Slap on a hat that will shade your neck!)
サングラスをかけよう! (Wrap on some sunglasses!)

引用元:在日オーストラリア大使館「サンスマートプログラム」

欧米などでは、小麦色に焼けた肌が逆に称賛されている傾向にあります。

しかしオーストラリアでは、そこまで焼けてしまうと「皮膚ガンにかかるのでは?」と逆に心配されます。

少しでも紫外線に当たらないように気を付けましょう!」という意図がしっかりと見えています。

ここまで徹底しているオーストラリアは凄いですね。

テレビでも呼びかけ

夏にかけてよく観るCMなのですが、英語が分からなくても、画面を観ているだけで分かるので、とてもスマートなCMです!

日焼け止めの種類

日焼け止めには、

  • 紫外線を吸収するタイプ(紫外線吸収剤)
  • 跳ね返すタイプ(紫外線散乱剤)(オーストラリアで主流)

の2種類があります。

日本では、紫外線を吸収する紫外線吸収剤が主流です。

紫外線吸収剤は、べたつかず、サラサラしていて塗りやすく、高いSPF値が出せるのが特徴です。

ただ肌への負担が大きいのもデメリットです。

一方の紫外線を跳ね返すタイプは、肌にやさしいですが、べたつき感があり、SPF値が低く、匂いが少しきつめです。

なぜオーストラリアでSPFが低いのかというと、こまめに塗り直すことを薦めるためです。

SPF値が高い=長時間効果というイメージをつい持ってしまいがちなので、SPFを低くしています。

実際に「SPF30 3Hours Water Resistance」などと書かれている商品がたくさん並んでいます。

そして殆どがウォータープルーフ(Water Resistance:水で持続性があるという意味)です。

オーストラリアでは海で泳ぐ人たちがたくさんいるから、ウォータープルーフが主流なのです。

最近ではSPF50も多くなりましたが、どちらにしろ、こまめに塗り直すのが一番ですね。

日本の日焼け止めは効く?

オーストラリアに来るとき、つい日本で使い慣れた資生堂などの日焼け止めを持参したくなるかもしれません。

しかし、日本の5倍とも言われるオーストラリアの強い紫外線は吸収できず、残念ながら効果が殆どありません

実際に私の友達で、「日本から高価の日焼け止めを持ってきて、ビーチでこまめに塗ったのに、日焼けして効果がなかった!」と言っていました。

なので、オーストラリアでは多少ベタベタしても、現地の日焼け止めを使うことをお勧めします。

オーストラリア用に作られているので効果も違います。

もしどうしても日本から持ち込みたい場合は、紫外線を跳ね返すタイプが良いですが、あまり効果を期待しないほうがいいかもしれません。

(ちなみに申告は、必要ないです)

UVは?

UVのA波は、+か++のものがほとんどです。日本では+++が主流ですね。

「とにかくこまめに塗り直しを!」

と徹底しているのが分かりますね。

 

スポンサーリンク

 

 

オーガニック日焼け止め

ソレオオーガニックス(Soléo Organics)

soleo-organics-all-natural-sunscreen

出典:www.megavitamins.com.au

西オーストラリア州発祥のオーガニック日焼け止めで、柔らかく、伸びがいいです。

SPF30。顔に塗れ、赤ちゃんや子供にも使用できるとあり、日本でも人気ですね。

公式HP:【soleo ソレオ オーガニックス】

マイエッセンス(miessence)

sunscreen出典:miorganicjapan.com

クイーンズランド州ゴールドコースト発祥の、オーガニック日焼け止めです。

自然な香りが漂い、柔らかく人気があります。SPF15。

こちらも顔、赤ちゃんから子供に使用できるとあり人気です。日本へも発送しています。

ナチュラル系日焼け止め

UVナチュラル(UV Natural)

uv-natural出典:preview.www.thedailygreen.com

クィーンズランド州・ゴールドコースト発祥で、伸びがあり肌馴染みあり、肌色の日焼け止めです。

SPF30+。香りもきつくなく、使いやすいです。こちらも同じく日本に進出しています。

ナチュラル インスティンクト(Natural Instinct)

natural-instinct-natural-sunscreen-spf-30出典:www.pharmacyonline.com.au

ビクトリア州発祥で、たくさん入っているのにリズナーブルの値段です。

SPF30。肌馴染みがよく、香りもほぼ無いのでとても使いやすいです。

日本では海外コスメを扱っている通販などで購入できます。コスメも発売しており、オーストラリアで人気のブランドです。

ナティオ(NATIO)

natio出典:https://d3r2zleywq7959.cloudfront.net/

1993年にメルボルンにて誕生。日本で人気が出だしたナティオ。

SPF50+アロエとビタミンEが入っていて肌をスムースにしてくれるだけでなく、紫外線UVAとUVBから肌を守ってくれます。こちらも肌馴染みがよく使いやすいです。

なおコスメなどの商品も販売しており、そちらも人気です。

Ecological skincare (エコロジカルスキンケア)

eco-all-natural-sunscreen-face-spf-30出典:http://blog.hellocharlie.com.au/

クイーンズランド州発祥。SPF30+。肌だけでなく環境にやさしいブランドで日本にも進出しています。

こちらも肌にやさしく、無香料、無着色なので使いやすいです。

関連記事:

「オーストラリアで人気のコスメ・スキンケアは?ドラッグストアやデパートでお土産調達!」

最後に

オーストラリア自体、紫外線が強いですが、特に夏は、紫外線がとっても強くなります

しっかりと日焼け止めを塗り、紫外線防止対策をしましょう。

後々シミなどにもなりにくいです。

紫外線対策のついでに、天然オイルや精油がスキンケアしてくれるので、ダブル効果があると言えるオーストラリアの日焼け止め。

とにかく皮膚ガンにならないように、しっかりと対策するように呼びかけが凄いオーストラリアです。

現地へ来たら、紫外線対策をしっかりしましょう!

最後まで読んで下さり、どうもありがとうございました!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
管理人 たかこ
オーストラリアに在住しています。オーストラリアの海、太陽、ビーチ、羊、牛、コアラ、カンガルー、食べる事など、なんでも好きです!^^ ベジマイトは嫌いですが・・・・w この度、プロフィールを大幅に更新しました。私の元ワーホリについて触れてみました。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です