オーストラリアに薬・タバコなどの持ち込みは?申告必要?

      2016/12/13


 

 

スポンサーリンク

 

 

こんにちは、たかこです。オーストラリアへ来る際に、万が一の事を考えて頭痛薬などの薬を持っていくと思います。女性なら化粧品や香水なども持って行きますよね。

また日本でタバコを吸っている人は、オーストラリアでタバコの値段は高いので持参してくると思います。

これらは持って行っても大丈夫なのか、また申告が必要かどうかまとめてみました。

入国カードのどこに記入?

薬は1番、タバコは2番にチェック、化粧品や香水はチェックしなくても大丈夫です。

incomingcard1引用元:https://www.border.gov.au/EnteringorleavingAustralia/Documents/15jap_000.pdf

薬は英語で「メディスン」と言います。「ドラッグ」と言っても大丈夫ですが、ドラッグは麻薬の意味になってしまいます。(苦笑)まぁ、違法な物を堂々と「持っています」と申告する人はいないので、検査官の人も分かってはくれると思いますが。

薬は、基本的に市販薬・医師の処方による薬のどちらでも、申告が必要なので、1番の「はい」にXです。ですが、実際に市販薬の場合は申告をしなくても通る場合があります。

市販薬の場合、風邪薬「For Cold」、頭痛薬「For headache」、鎮痛薬「For pain relief (もしくはpain killer)」下剤「For diarrhea」などと書いておけば安心です。それか「For household medicine(常備薬)」でも大丈夫です。

医師の処方による薬の場合、英文診断書か英文の処方箋が必要です。睡眠薬に関しては、英文診断書を見せる場合が多いようです。

もし検査官に見せてと言われたら見せれば良いです。

尚、筋肉増強剤など(特にステロイド。アスリート達が使うステロイド系です)は、持ち込み禁止のものもあるの気を付けましょう。

目薬、コンタクトレンズの液体などは、薬局に売っているので、薬の分類と思いがちですが、申告しなくても大丈夫です。ただしボトルの液体が100ml以上であれば、スーツケースの中にいれましょう。

薬はビニール袋などに入れて、手荷物に入れ、「見せて」と言われたときにパッと出せれるようにしておけば良いです。

実例

私は、最初の頃は市販薬、医師の処方薬を多めに持って行ったので申告していました。その時は、「メディスン?」と聞かれ、「ハイ」と答えたら、「オッケー」と言われそれで終わりでした。「見せて」と言われた事はありませんでした。

その後、医師の処方薬は持っていかず、市販薬(頭痛薬1箱と、下剤1箱)を持っていきました。しかし申告はしませんでした。なので聞かれる事はなく、何も問題がありませんでした。

タバコ

タバコの持ち込みは、2012年9月1日以降規定が変わり、入国カードにも書いてある通り、タバコ50本または50gの葉巻またはタバコ製品を持ち込むことができます。つまり50本までなら2番の「いいえ」にXで、申告の必要はありません。

また規定上、家族やカップルであれば免税枠を合算する事が出来ます。18歳以上の場合のみ認められます。

実例

私はタバコを吸わないので持ち込んだことはありません。友達の話ですが、友達(奥さん)と旦那さんでオーストラリア旅行、旦那さんがヘビースモーカーでタバコをたくさん吸う人だったので、友達50本、旦那さん50本、計タバコ100本を持っていきました。免税範囲以内だったので、問題はありませんでした。

成田の免税店でタバコを買おうと、入国の際、関税の枠では一切考慮されないので、一人あたりに持ち込めるタバコは50本までと変わりません。

ちなみに、オーストラリアは喫煙者に対してとても厳しい国です。飛行機内はもちろんの事、レストラン、カフェ、ビル内では吸えないですし、南オーストラリア州などでは、レストラン・カフェなどのアウトドア・ダイニングエリアでも喫煙が禁止になりました。

友達の旦那さんは、「かなり肩身が狭い思いをした(苦笑)」と言っていました。

化粧品や香水

申告は必要ありません。ファンデやリップクリームなどは、機内持ち込み大丈夫ですし、香水はスーツケースに入れましょう。化粧水などの液体ですが、ボトルが100mlの場合は機内に持ち込み出来ないので、同じくスーツケースに入れてましょう。

最後に

薬などは、普通の常識範囲内であれば、持ち込みは全く問題ないです。

「申告が面倒だから」などと申告しないで、持ち込みが見つかれば、検査官に怒鳴られ罰金等をくらいます。しかし「バレなかった」と言う人もたくさんいます。(私もそうでしたが・・)ですがリスクはとても高いです!

最終的には自己責任です。時間にしても10-15分程度で終わる事が多いので、海外滞在・生活の始めに嫌な思いをしたくないのあれば、きちんと申告した方が良いかもしれません、

最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています♪あなたのポチッが励みになります♪

オーストラリア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - 観光