オーストラリアにあるスーパーマーケットは?営業時間・曜日や日本と違う点は?

   

Pocket

 

 

 

スポンサーリンク

 

こんにちは。たかこです。

ブログ内で「ウールワースやコールスで買えます」と、

スーパーマーケットの名前を出していますが、

実際に、オーストラリアにあるスーパーマーケットをリストアップしてみました。

参考にしてみて下さい。

オーストラリアにあるスーパーマーケット

Woolworths Limited (ウールワース系列)

  • Woolworths(ウールワース)

出典:abc.net.au
→オーストラリアで、大手のスーパーマーケット。
イギリスの有名シェフ、ジェーミー・オリバーがWoolworthsの顔。

  • (Safeway:セーフウェイ)

出典:en.wikipedia.org
→Woolworthsの別名。ビクトリア州にあった最後の店舗が、2017年に閉店。

  • Woolworths Metro(ウールワース・メトロ)

出典:smh.com.au
→メルボルンとシドニーのシティ内にある、小規模バージョン。
サンドイッチや寿司など、手軽に食べれる物を重点に置いています。

  • Food for Less(フード・フォー・レス)

出典:tripmondo.com
→ディスカウント店。ニューサウスウェールズ州に2店舗だけあり。

Westfarmers(ウエストファーマーズ系列)

  • Coles(コールス)

出典:smh.com.au
→Woolworthsと並ぶ、大手スーパーマーケット。
オーストラリア出身の有名シェフ、カータス・ストーンがColesの顔。

  • (BI-LO:バイロ)

出典:smh.com.au

→ちょっと安めのスーパー。昔ありましたが、2017年最後の店舗が閉店。
すべてColesに変りました。

IGA(アイ・ジー・エー系列)

  • IGA

出典:weekendnotes.com
→国内に1400軒以上ある、比較的大きなスーパーマーケット。

  • Super IGA

出典:dailyadvertiser.com.au
→ニューサウスウェールズ州、オーストラリア首都特別区のみ。

  • Progressive Supa IGA

出典:foodtraders.com.au
→西オーストラリアのみ。

  • Foodland IGA Supermarkets

出典:commercialretialgroup .com.au
→南オーストラリア州と、クイーンズランド州のみ。

ここに書いた以外にも、IGA系列のお店があります。

注:IGAと名前がついていても、上記のウールワースやコールズのように、
1つの会社がIGAを運営している訳ではありません。複雑です。

 

独立系列

  • ALDI(アルディ)

出典:news.com.au
→ドイツから来た、ディスカウントが売りのスーパー。

  • Costco(コストコ)

出典:smh.com.au
→日本でもおなじみのコスコ。豪では、コストコと発音。

  • Kaufland(カウフランド)

出典:smh.com.au
→ALDIのライバル店。同じくディスカウントが売り。
数年以内に、アデレードとメルボルンにオープン予定。

  • Foodworks

出典:yelp.com.au
→IGAのような感じ。主にビクトリア州に多い。

  • Leo’s Fine Food and Wine

出典:yelp.com.au
→ビクトリア州のみ。大手スーパーでは手に入らない商品などを置いています。

  • Friendly Grocer

出典:yelp.com.au
→ニューサウスウェールズ州、クイーンズランド州、オーストラリア首都特別区にあり。

  • Spud Shed

出典:yelp.com.au
→西オーストラリア州のみ

  • Farmer Jack’s

出典:yelp.com.au
→西オーストラリア州のみ

オーストラリアには、独立系のスーパーマーケットも多いです。
出典:https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_supermarket_chains_in_Oceania

 

スポンサーリンク

 

営業時間や曜日

シドニーやメルボルンなどの大都市は、基本的に、毎日朝、午前7時~午後10時(午前12時)まで営業しています。

パースやアデレードのなどの小都市は、基本的に、日曜日のみ午前11時~午後5時まで営業しています。

ただし、田舎へ行くと、日曜日は休みのスーパーもあります。

クリスマスや、イースターのグッドフライデーの祝日は、スーパーは休みです。

曜日によって営業時間が違ってくる場合が多いので、気になるのであれば、
事前にチェックしましょう。

日本と違う点

スーパーだけでなく、店内やスタッフなど、
オーストラリアと日本の違いをまとめてみました。

スーパー全体編

  • Price War(プライス・ワー:直訳は値段の戦争)、つまり値段の価格競争が凄い。
    →「(同じ)○○商品をWoolworths、Coles、ALDI、IGAで買ったら$○○。
    ○○で買う方が安い!!」などと、よくテレビで放送しています。

お店・店内編

  • 子供に無料で、フルーツを配布(Woolworths)
  • 日本のようなお惣菜が殆どない
    →加工されたものがあったとしても、数が少なく、
    出来立てではなく、さらにはコールスローなど不味いのが殆ど。
  • 棚に置いてある、品物の値札などの置き間違えが多い
  • 綺麗に品物が並んでいる事が少ない
  • 腐っていたり、しなびている野菜や果物が、そのまま売られている事がある

スタッフ編

  • ガムを噛んでいたり、お客さんがお金を支払っている時、水を飲む人がいる
  • 「ハロー」や「サンキュー」などと、挨拶等をしない人がいる
  • 品物の入れ方が雑だったり、投げるように袋に入れる人がいる
  • 仕事をしているフリして、無駄話をしてたり、携帯をいじっている人がいる
  • 床に座って、商品補充している人がいる
  • どこの列に、何があるのか分かっていない人がいる
    →聞いても、全然違う場所を教えてくる人がいる

レジ編

  • おつり・お札はスタッフが渡す
    →生協では機械化していますが、現地では、
    セルフレジでない限り、機械化していません。
  • VISA,MASTERCARDのクレジットカードが使用可能
    (AMEXは、そのお店による。JCBは、殆ど使用不可)
    →「そのお店で発行したカードでしか、クレジットカードが使えない!」
    なんて事はありません。

注:私自身や友達が実際に見たり聞いたり、経験などを元に書いています。

重要:金額が支払い時に変わる!

オーストラリアには、1セント・2セントのコインがありません。

なので、カード支払いと、現金払いの場合では、

金額が違ってくるので注意してください!!

実際に、このレシートを見てみて下さい。

Woolworthsで買い物をしたレシートです。

合計金額が、$16.33となっています。

私はカードで払ったので、そのままの金額です。

じゃあ、現金の場合はというと・・・

現金払い→$16.35

と、2セント勝手に上乗せになります!!

こちらは、ALDI。

$7.57

現金支払い

$7.55

と、2セント勝手に値引きになります!!

ただし、カードの場合は、$7.57ですが、
ALDIは、カード支払いの場合、0.5%の手数料を上乗せするので、
注意しましょう。

現金払いのみ:

  • 1セント、2セント→0になる($1.01→$1.00)
  • 3セント、4セント→5セントになる
  • 6セント、7セント→5セントになる
  • 8セント、9セント→0になる(例:$8.99→$9.00)

覚えておくと便利です!

最後に

オーストラリアには、大手から独立系まで、多くのスーパーマーケットがあります。

また日本と比べて違う点が多く、実際に買い物をしていて、びっくりする事が多いと思います。

ですが、それはそれで、オーストラリアと日本の文化の違いなので、

そのまま受け入れるしかありません。w

オーストラリアへ来た際には、是非スーパーに足を運んでみて下さい。

最後で読んで頂きどうもありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています♪あなたのポチッが励みになります♪

オーストラリア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - 豆知識