オーストラリアは罰金の国!罰金例や未払いだとどうなる?

      2017/06/25


 

 

スポンサーリンク

 

こんにちは、たかこです。

これからオーストラリアに来る計画を立てている人や、
またはすでに、オーストラリアにいる人もいるかもしれません。

そこで知っておきたいのが、オーストラリアは、ちょっと何か違反すると、
すぐに罰金請求がくるという事です。

今回は、オーストラリアの罰金事情について書いてみようと思います。
知っていて損はありません!

 

びっくりする罰金の例

オーストラリアではこんな罰金があります。

  • J-ウォーク罰金
    (J-ウォーク:walkとは、横断歩道のないところを渡ったり、道路の4つ角以外の場所を横断する事)
  • 自転車に乗る際にヘルメットをかぶらないと罰金
    (アデレードでは、旅行者用に自転車を無料で貸し出していますが、ヘルメット着用が義務づけられています。)
  • 横断歩道を、赤の点滅信号で渡ると罰金
  • 許可の無い道路や、ビーチでの飲酒で罰金
  • 交通機関内(電車・バス・トラム)の飲食・飲酒で罰金
    (No Food No Drinksとサインがあります。
    とは言え、マックとか食べている人多いですが・・)
  • 交通機関で、席や設置物に足をのせると罰金
  • ゴミのポイ捨て(種類により金額が変わります)
  • 有効なチケットがあっても、トラム内でタッチオンしないと罰金
    (メルボルンやアデレードにはトラムがあります。
    プラットフォームにゲートが無い為、カードをわざわざ機械にかざさなくても、
    自由にドアから乗り降りできます。
    1か月間や年間の有効チケットを持っているし、「まぁいいか」などの理由で、
    機械にタッチオンしないで乗っていて、万が一、私服やユニフォームを着た
    インスペクターに見つかれば、罰金です!)
  • 同乗者がシートベルトをしていないだけで、運転本人にも罰金
  • 赤信号無視や、横断歩道で止まらないと罰金(車でなく、自転車でも)

普通の交通違反などに加えて、自転車に乗る人や、何気ない行動や歩いていても、
すぐに「罰金」を科せるオーストラリアは、とにかく「罰金」だらけの国
と言っても過言ではありません。

オージーは適当・・と言いますが、この罰金に関してはとても厳しいです!

ちなみに、JーWalk罰金は、オーストラリアだけかと思っていたのですが、
ハワイやロスなどでも罰金のようですね!

交通違反の罰金

オーストラリアでは、基本的に1キロオーバーから罰金を取ります!

実際には、5キロ~という場合が多いですが、それでも制限速度に従って
運転する事に越した事はないです。

またスマホ使用だけでなく、運が悪いと(としか言いようがないのですが・・)
スマホをチラ見しただけで、約数百ドルの罰金などもあります。

シートベルトをしていない、赤信号無視など、違反をすると日本と同様に、
現地でもしっかり罰金が取られます。気を付けましょう。

罰金料

都市によって罰金料金は変わってきます。

例えばスピード違反でも、10キロオーバーで、約$110~$400と差があります。
どこであろうと罰金は高額です。

罰金がきたらどうする?

素直に払いましょう!!!これに尽きます!!!

(ただし例外があり、同じ場所で何十人以上の人達が、不当な違反切符を
切られているとか、病人を急いで病院へ搬送しなくてはならず、
スピードを出さないといけなかったなどの、
自分に非がなかった証明があれば、不服の申し立てができます)

未払いだとどうなる?

放置しておくと高額な利息か、さらに罰金が上乗せされます。
それでも無視していたら、システム上にブラックリストとして載る可能性があり、
入国後に別室で質問を受けたりする事があります。

最悪の場合、入国拒否や再入国してから逮捕とか、資産を差し押さえ、
銀行口座やお給料から差っ引く可能性
があります。

利息や罰金が上乗せくらいや、質問を受けても入国出来ればよいですが、
やはり後者のような自体は避けたいですね(汗)

ちなみにそのまま払わず帰国した場合、実家などまで
エアメールが来ることもあります!

オーストラリアの警察は凄いですよ・・・・

支払い方

オンラインでクレジットカードで支払えます。

 

スポンサーリンク

 

罰金の話

罰金について、話をしようと思います。

私や親友、仕事の同僚など、必ず1度は罰金を支払っています^^;

私の場合

私は自分に非があり、スピード違反2回でした・・。
スピード違反をした!と思っていたのですが、罰金請求書が届かなかったので、
「間違いかな?」と思っていました。

しかし、車を登録更新する時に、オンラインでエラーメッセージが出て
「なんでだろう?」と思って、カスタマーサービスに電話をしたら、
スピード違反の罰金未払いが発覚しました(汗)

幸い期間が短かったので、70ドル程の利息が上乗せで済みましたが、
期間が長かったら、もっと取られていたのかな・・・と思います・・。

ある親友の場合

2回スピード違反をしてしまいました。

しかし本人は、スピード違反しているとは知らず、しかも丁度引っ越しの時で、
その罰金請求書は古い住所へ送られていました。

新しい家に引っ越しをして、さらにその後2回スピード違反で捕まってしまいました。
(同じく本人は気づかず)。

丁度、元家のオーナーに手紙を預かってもらっていて、
その手紙を取りに行った時に、最初の2回の罰金請求があった事を知りました。

さらに数日後に、新しい2回分の罰金が来て、計4回短期間で捕まり、
1回あたり10キロオーバーで約$400の請求が来ました。
(合計約$1600!14万円程です・・汗)

あとで、いざこざになったら嫌だから、しっかり払ったと言っていました。

ある友達の場合

人混みが多い街の中を歩いていたら、J-walkで捕まりました。

その友達は、警察がJ-walkしたのを見た上、
他にも同じことをやっている人がたくさんいたので、反抗したのですが、
聞き合ってもらえなかった!!と怒っていました^^;

同僚の場合

違反駐車を何十回としていて、そのたびに$50やら$70程の請求がきて、
最初は払っていたようですが、途中から

「めんどくさくて払っていない、それに俺くらい罰金払わなくても、捕まらん!!」
と、いつも言っていました^^:

確かに捕まった事はないようでしたが、リスクは高いです・・^^;

最後に

オーストラリアは、本当に罰金が凄いです。

旅行者やワーホリなどの一時滞在者であろうと、容赦無しです。

罰金がきたら、素直に支払いましょう。

そのまま支払わないで、運よく間逃れる事もあるかもしれませんが、
後々のリスクは高いです。

罰金が嫌なのであれば、罰金が取られないような、
生活を心がける事も大切ですね。

最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています♪あなたのポチッが励みになります♪

オーストラリア(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - 豆知識